Presentations

International Conferences|国際学会

12. Morii Y*, Chiba S and Prozorova LA. Predator-prey interactions as the trigger of prey species divergence. The 8th EUROMAL European Congress of Malacological Societies, Kraków, Poland, 09-2017. Oral.

11. Morii Y* and Ohkubo Y. The influence of forest clear-cutting on land snail fauna in Hokkaido, Japan. ICSZ, Nara, Japan, 08-2016. Poster.

10. Morii Y*, Yokoyama J, Kawata M, Davison A and Chiba S. Introgressive hybridization between the morhologically divergent land snails Ainohelix and Ezohelix. The World Congress of Malacology (WCM), Penang Is., Malaysia, 06-2016. Oral.

9. Morii Y*, Chiba S and Prozorova LA. Phenotypic divergence and convergence of the bradybaenid land snails in Northeast Asia. Mollusks of the Eastern Asia and Adjacent Seas, Vladivostok, Russia, 10-2014. Oral.

8. Morii Y*, Kishimoto T and Tojo K. The parapatric distribution pattern derived from reproductive interference between two closely related scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). The 1st Symposium of the Benthological Society of Asia, Matsumoto, Japan, 06-2012. Poster.

7. Morii Y*, Yoshii M, Kishimoto T and Tojo K. Molecular biogeography of the scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). The 1st Symposium of the Benthological Society of Asia, Matsumoto, Japan, 06-2012. Poster.

6. Morii Y*, Kishimoto T and Tojo K. Differences of the ecolosion pattern between two closely related scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). International Joint Meeting on Ephemeroptera and Plecoptera, Wakayama, Japan, 06-2012. Oral.

5. Morii Y*, Kishimoto T and Tojo K. The parapatric distribution pattern derived from reproductive interference between two closely related scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). International Joint Meeting on Ephemeroptera and Plecoptera, Wakayama, Japan, 06-2012. Poster.

4. Morii Y*, Yoshii M, Kishimoto T and Tojo K. Molecular biogeography of the scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). International Joint Meeting on Ephemeroptera and Plecoptera, Wakayama, Japan, 06-2012. Poster.

3. Morii Y*, Kishimoto T and Tojo K. Sex-based difference in the emergence timing of two related scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress, Otsu, Japan, 03-2012. Poster. “Best Poster Award”

2. Morii Y*, Yoshii M, Kishimoto T and Tojo K. Molecular biogeography of the scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). 5th Dresden Meeting on Insect Phylogeny, Dresden, Germany, 09-2011. Poster.

1. Morii Y*, Yokoyama J, Kawata M, Davison A and Chiba S. Extreme morphological change: an example of two land snails in Hokkaido, Japan. Annual Conference of Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Kyoto, Japan, 07-2011. Poster.

Japanese Conferences|国内学会

21. Morii Y*, Prozorova LA and Chiba S. Parallel evolution of passive and active defence in land snails. The 64th Annual Meeting of ESJ, Tokyo, Japan, 16-03-2017. Oral in English.

20. 森井悠太*・Prozorova LA・千葉聡.捕食者が促す被食者の放散と収斂:カタツムリの防御戦略はどのように進化したのか.日本生態学会第64回大会,東京,2017年03月15日.口頭・企画(自由集会).

19. 森井悠太*・Prozorova LA・千葉聡.オサムシへの対抗がもたらすカタツムリの種と表現型の多様化.第48回種生物学シンポジウム,札幌,2016年12月.ポスター.

18. Morii Y*. The comparison of spatial and temporal niche between two related land snails in Hokkaido, Japan. The 32nd Annual Meeting of the Society of Population Ecology, Sapporo, Japan, 11-2016. Poster in English. “Excellent Poster Award”

17. 森井悠太*・横山潤・河田雅圭・Davison A・千葉聡.北海道の陸産貝類にみられる劇的な表現形の多様化:距離測定法による形態解析の一例.日本生態学会第63回大会,仙台,2016年03月.口頭(自由集会).

16. Morii Y* and Chiba S. Two incompatible defensive strategies against predator in land snails. The 63th Annual Meeting of ESJ, Sendai, Japan, 03-2016. Oral in English.

15. 森井悠太*・千葉聡.捕食者が駆動する被食者の行動の多様化:北海道に産する陸産貝類種群の例.日本生態学会第62回大会,鹿児島,2015年03月.口頭(自由集会).

14. 森井悠太*・千葉聡.外来ナメクジの行方を追え!:動態追跡プロジェクトの提案.日本生態学会第62回大会,鹿児島,2015年03月.ポスター.

13. Morii Y*, Chiba S and Prozorova LA. Phenotypic divergence and convergence of the bradybaenid land snails in Northeast Asia. The 62th Annual Meeting of ESJ, Kagoshima, Japan, 03-2015. Oral in English.

12. 森井悠太*・千葉聡.姉妹種間におけるハビタット分化の欠如:北海道に産するエゾマイマイ群の例.日本貝類学会平成26年度大会,大阪,2014年04月.ポスター.

11. 平野尚浩*・森井悠太・亀田勇一・千葉聡.中国内陸部産オナジマイマイ科陸貝の殻形態の多様性.日本貝類学会平成26年度大会,大阪,2014年04月.口頭(一般講演).

10. 齊藤匠*・亀田勇一・平野尚浩・森井悠太・福田宏・千葉聡.日本産ヒラマキガイ科貝類の系統地理.日本貝類学会平成26年度大会,大阪,2014年04月.口頭(一般講演).

9. Morii Y* and Chiba S. Lack of habitat isolation in sister species: in case of two land snails, Ainohleix editha and Ezohelix gainesi (Mollusca, Bradybaenidae) in Hokkaido. The 61th Annual Meeting of ESJ, Hiroshima, Japan, 03-2014. Poster in English.

8. 森井悠太*・横山潤・河田雅圭・千葉聡.形態と系統の著しい不一致:北海道に産するエゾマイマイ群の例.日本貝類学会平成25年度大会,豊橋,2013年04月.ポスター.

7. 亀田勇一*・森井悠太・平野尚浩.東アジアに分布するマイマイ上科貝類の系統地理.日本貝類学会平成25年度大会,豊橋,2013年04月.口頭(一般講演).

6. 森井悠太*・横山潤・河田雅圭・千葉聡.形態と系統の著しい不一致:北海道に産するエゾマイマイ群の例.日本生態学会第60回大会,静岡,2013年03月.ポスター.

5. 森井悠太*・横山潤,河田雅圭・千葉聡.形態と系統の著しい不一致:北海道に産するエゾマイマイ群の例.日本貝類学会平成24年度大会,東京,2012年04月.口頭(一般講演).

4. 森井悠太*・横山潤,河田雅圭・千葉聡.劇的な形態の変化:北海道に産するエゾマイマイ群の例.日本生態学会第58回大会,札幌,2011年03月.ポスター.

3. 森井悠太*・横山潤,河田雅圭・千葉聡.属間交雑か?極端な平行進化か?.日本進化学会第12回大会,東京,2010年08月.ポスター.

2. 森井悠太*・吉井幸・東城幸治.ワダカワゲラ類の系統進化と本州産2種の繁殖タイミングについて.信州昆虫学会第20回大会,松本,2009年08月.口頭(一般講演).

1. 森井悠太・吉井幸・岸本亨・東城幸治*.トワダカワゲラ類2種(トワダカワゲラ Scopura longa,ミネトワダカワゲラ S. montana)の卵形成と羽化タイミング、および系統関係について.日本節足動物発生学会第45回大会,水戸,2009年06月.口頭(一般講演).

Symposiums|招待講演・シンポジウム

13. Morii Y*, Prozorova LA and Chiba S. Parallel evolution of incompatible anti-predatory defences in land snails. Mini symposium on the occasion of the Ph.D. defense by Cecilia Sandström, University of Groningen, Groningen, Netherlands, 28-04-2017, Oral in English.

12. 森井悠太*.カタツムリのふしぎ(市民向け講演会).様似町中央公民館,様似,2016年12月07日.

11. 森井悠太*.背中にマイホーム!カタツムリを知ろう(市民向け講演・観察会).美幌博物館,美幌,2016年11月12日.

10. 森井悠太*.かたつむりとなめくじのふしぎ(市民向け講演会).オホーツクミュージアム,枝幸,2016年11月11日.

9. 森井悠太*.講演・観察会.円山動物園,札幌.2016年11月06日.

8. 森井悠太*.いきものカフェ(円山いきものカフェ,市民向け講演会).円山公園,札幌.2016年10月01日.

7. 森井悠太*.カタツムリが語る森の歴史.黒松内生物多様性保全奨励事業・成果発表会(市民向け講演会).黒松内町役場,黒松内,2016年02月21日.

6. Morii Y*, Prozorova L and Chiba S. Phenotypic divergence and convergence of the bradybaenid land snails in Northeast Asia. International Conference Dedicated to the 20th Anniversary of CNEAS, Tohoku University, Sendai, Japan, 05-12-2015, Oral in English.

5. 森井悠太*・北海道大学大学院環境科学院小泉研究室.危険!外来ナメクジの侵入!.いきものわくわくトーク(市民向け講演会).西岡公園,札幌,2015年04月25日.

4. 森井悠太*.カタツムリの殻は何のため?(市民向け講演会).利尻町立博物館,利尻,2014年06月29日.

3. Morii Y*, Yokoyama J, Kawata M, Davison A and Chiba S. Extreme morphological change: an example of two land snails in Hokkaido, Japan. 生態適応シンポジウム 2014「東北のグリーン復興を流域から考える」,仙台,2014年02月18日.ポスター(in English).“サラヤ賞(サラヤ株式会社)” 受賞

2. 森井悠太*・横山潤,河田雅圭・千葉聡.形態と系統の著しい不一致:北海道に産するエゾマイマイ群の例.環境機関コンソーシアム交流会 2012「女川の現状と課題」,仙台,2012年03月02日.ポスター.“サラヤ賞(サラヤ株式会社)” 受賞

1. 森井悠太*・吉井幸・東城幸治.山岳源流棲昆虫・トワダカワゲラ類の系統と生物地理ー分子系統解析からのアプローチー.山岳シンポジウム・上高地の自然史,松本,2007年10月13日14日.ポスター.

Seminars|セミナー発表・他

9. 森井悠太*.野火.長谷川英祐研究室セミナー,北海道大学農学部,札幌,2016年06月09日.

8. 森井悠太*.捕食者が駆動する被食者の急速な表現型多様化.第3回生態進化発生コロキウム,東京大学駒場キャンパス,東京,2015年12月28日.

7. 森井悠太*.捕食者が引き起こす被食者の種分化と表現形多様化:北海道のオサムシ類とカタツムリ種群の例.長谷川英祐研究室セミナー,北海道大学農学部,札幌,2014年07月.

6. Morii Y*. Extreme morphological change of two land snails in Hokkaido. Seminar @ Dr. Masahiro Nakakoka’s Lab., Akkeshi, Japan, 05-2014, in English.

5. Morii Y*. Extreme morphological change of two land snails in Hokkaido: Do Predators speed up the evolution? Seminar @ Dr. Hitoshi Araki’s Lab., Sapporo, Japan, 07-2013, in English.

4. 森井悠太*.北海道のカタツムリ種群にみられる表現型と系統樹の著しい不一致: 捕食者によって引き起こされたのか?.内海俊介研究室セミナー,北海道大学雨竜研究林,名寄,2013年07月.

3. 森井悠太*.北海道のカタツムリ種群にみられる表現型と系統樹の著しい不一致: 捕食者によって引き起こされたのか?.齊藤隆研究室 “Animal Seminar”,北海道大学,札幌,2013年06月.

2. 森井悠太*.北海道のカタツムリ種群にみられる表現型と系統樹の著しい不一致: 捕食者によって引き起こされたのか?.第5回 EZO ゼミ,北海道大学,札幌,2013年06月.

1. 森井悠太*.山のカワゲラの研究/北のマイマイの研究.Natural Science 研究所セミナー,東北学院大学,仙台,2009年10月.

Workshops|集会等の企画

3. 森井悠太・香川幸太郎.多様性の進化に対する総合的な理解への挑戦(自由集会).日本生態学会第64回大会,東京,2017年03月.

2. 森井悠太・鈴木紀之.牧研&千葉研合同セミナー “Snails meet Plants” (発足).東北大学,仙台,2013年12月~.

1. 森井悠太・佐藤光彦.みちのく進化生物セミナー(発足・運営).東北大学,仙台,2011年7月~2014年月03月.

 

広告