Science to the People Project

外来ナメクジに挑む市民と学者の会

お知らせ|What’s New?

20-06-2020|本会の興野昌樹さんが,北海道新聞社の発行する北海道ネイチャーマガジン「モーリー」に,北海道のナメクジ類に関する記事を寄稿しました.外来種をも含め北海道のナメクジ類の多様性にスポットを当てた,面白い記事です.

11-05-2020|鈴木紀之博士(高知大学)の主催するよさこい生態学セミナー(ウェブセミナー)にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.

04-03-2020|日本生態学会第 67 回大会(名古屋)にて,市民科学に関する集会を企画しました.私自身も口頭発表を行う予定でしたが,COVID-19 の影響で中止になってしまいました.

16-03-2019|日本生態学会第22回公開講演会にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.500 人に届こうかという超満員の聴衆の皆さんに思いきり笑っていただけたので,ほっとしてます.

24-01-2019|本会の活動が,日本自然保護協会の主催する「日本自然保護大賞 2019」において「入選」に選出されました!「日本自然保護大賞」は,自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した,個人や団体に与えられる栄えある賞です.これを励みにこれからも頑張ります.

02-01-2019|academist Journal に昨年 2018 年に掲載された研究コラムの中から,閲覧数が多かった記事の Top 10 が公開され,本会の外来ナメクジの記事が堂々1位に輝きました.

はじめに

外来種問題という言葉を耳にしたことがあるでしょうか.人の手によって他から持ち込まれた,本来はその場所にいなかったはずの生物が,新天地で引き起こす様々な問題を指します.中には大きな問題を引き起こす場合もあり,外来種問題の重要性は最近になってようやく広く認識されるようになってきました.

2012 年頃から北海道札幌市を中心に,複数種の外来ナメクジが侵入・定着しました.特に札幌市街地より東に位置する円山地区には,体長 15 cm にも及ぶ北欧原産でヒョウ柄のマダラコウラナメクジが森林で大量発生し周囲の車道に溢れ出たり,原産地不明でオレンジ色の Arion 属のナメクジが雨上がりの遊歩道に無数に湧き出るなどの現象が見られています.近隣の住宅街では観葉植物や家庭菜園の野菜などが食害されるなどの被害も出ていることから,市民の間でも大きな話題になっています.特にマダラコウラナメクジについては,札幌市だけでなく,江別市・北広島市・岩見沢市など近隣の市町村や,室蘭市・芦別市・八雲町・島牧村など札幌市から遠く離れた地域にまで分布域を急激に拡大していることも明らかにされており,これら外来ナメクジの問題は北海道全域にとっても危急の問題と言えるでしょう.

本会「外来ナメクジに挑む市民と学者の会」は,外来ナメクジの侵入に逸早く気づいた森井悠太(北海道大学・研究員)と興野昌樹(学校法人総合技術学園・理事長)によって 2014 年 7 月に結成された非営利団体です.本会は外来ナメクジに対し,1)市民や研究者、メディアをも巻き込んだ外来ナメクジの継続的な観測と駆除,2)市民と研究者の連名による専門的な学術雑誌や一般向けの科学雑誌などへの発表,3)博物館や自然ボランティア団体と連携した市民向け観察会や講演会の実施とそれらを通した自然保護や科学リテラシーの普及と教育,の 3 つを軸に活動を続けています.本会の目標は,外来ナメクジへの対処だけに留まらず,外来種問題を通して生態系や自然環境の保全・保護,生物多様性の意義,さらには持続的な社会の実現について考える機会と場所を市民に提供し,科学的思考の普及・教育の役割も果たすことです.身分に囚われず,対等に人々を繋ぐプラットフォームとなれるよう,これからも地道に活動を続けていきたいと考えています.

20120907_450  IMG_4664_450  IMG_4694_450  IMG_4687_450

目次

◯ 活動報告|News & Activity Log

◯ 活動成果(科学雑誌・学術論文)

◯ 活動成果(観察会・講演会・他)

◯ メディア

◯ 会員情報・お問い合わせ

活動報告|News & Activity Log

20-06-2020|本会の興野昌樹さんが,北海道新聞社の発行する北海道ネイチャーマガジン「モーリー」に,北海道のナメクジ類に関する記事を寄稿しました.外来種をも含め北海道のナメクジ類の多様性にスポットを当てた,面白い記事です.ぜひご覧ください.

11-05-2020|鈴木紀之博士(高知大学)の主催するよさこい生態学セミナー(ウェブセミナー)にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.

04-03-2020|日本生態学会第 67 回大会(名古屋)にて,市民科学に関する集会を企画しました.私自身も口頭発表を行う予定でしたが,COVID-19 の影響で中止になってしまいました.

29-02-2020|本会の興野昌樹さんが,NPO 法人真駒内・芸術の森緑の回廊基金の主催する集会にて,外来ナメクジに関する講演を行う予定でしたが,COVID-19 の影響により中止となりました。11 月頃に延期となる可能性もあります.

10-08-2019|外来ナメクジの駆除活動を,本会の興野昌樹さんが主催し,円山動物園(北海道札幌市)にて行いました.

20-03-2019|兵庫県立・人と自然の博物館(ひとはく)で開かれる統計学に関する研究会にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.本会の大久保祐作さんも,外来ナメクジの研究に使われた統計解析の詳細について解説しました.

16-03-2019|日本生態学会第22回公開講演会にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.500 人に届こうかという超満員の聴衆の皆さんに思いきり笑っていただけたので,ほっとしてます.

24-01-2019|本会の活動が,日本自然保護協会の主催する「日本自然保護大賞 2019・入選」に選出されました.「日本自然保護大賞」は,自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した,個人や団体に与えられる栄えある賞です.本会がいつか大賞を取れるほどの活動に成長することを期待し,これを励みにこれからも頑張ります.

02-01-2019|academist Journal に昨年 2018 年に掲載された研究コラムの中から,閲覧数が多かった記事の Top 10 が公開され,本会の外来ナメクジの記事が堂々1位に輝きました.

03-12-2018|ニュージーランド・ウェリントンで開かれる国際軟体動物学会にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.本会の渡辺早苗さんが Wonder woman として,大久保祐作さんが Statistics freak として登場し,会場を沸かせました.

19-10-2018|本会の渡辺早苗さんが,海外の記事に全面的に紹介されていました.Citizen Science: Who is Sanae Watanabe?(ワタナベサナエとは何者なのか?).渡辺早苗さんは本会の代表です! と,この場を借りて声高に叫んでおきます.

11-09-2018|マッセー大学(ニュージーランド)にて,本会の外来ナメクジの研究成果を紹介しました.

03-09-2018|円山公園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジの夜間調査を行いました.

28-08-2018|本会の興野昌樹さんが,北海道自然保護協会(北海道札幌市)にて,講演会を行いました.

23-08-2018|円山公園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジの夜間調査を行いました.

12-08-2018|academist Journal に寄稿した外来ナメクジの研究記事が,バズりました(ガジェット通信ニュートピ!togetter,他).よければどうぞご覧ください.

10-08-2018|円山動物園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジの駆除活動を行いました.

09-08-2018|円山動物園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジの駆除活動を行いました.

12-07-2018|円山公園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジの夜間調査を行いました.

01-07-2018|円山動物園(北海道札幌市)にて,市民向けの講習(講演会・観察会)を行いました.

20-06-2018|外来ナメクジの研究成果が,昨日に引き続き今朝の朝日新聞に掲載されました.

19-06-2018|外来ナメクジの研究成果が,今朝の朝日新聞に掲載されました.数日前には読売新聞にも取り上げられたようです.

13-06-2018|外来ナメクジの研究成果を,academist Journal に寄稿しました.

12-06-2018|外来ナメクジに関する学術論文の Press Release(English)が公開されました.外来ナメクジと市民科学に関する研究成果です.

06-06-2018|外来ナメクジに関する学術論文の Press Release(日本語)が公開されました.外来ナメクジと市民科学に関する研究成果です.

13-05-2018|外来ナメクジに関する本会の成果をまとめた学術論文が Science of the Total Environment (STOTEN) に公開されました.

30-04-2018|本会の成果をまとめた学術論文が Science of the Total Environment (STOTEN) に受理されました.外来ナメクジの活動が活発化する気象条件を最新の統計学を駆使して割り出しました.この成果によってまるで天気予報のように,未来のナメクジの出現を予測できるようになるかもしれません.力作です.

15-03-2018|日本生態学会第 65 回大会(札幌)にて,外来ナメクジの市民科学に関する英語での口頭発表をしました.Best Presentation Award を受賞しました.

09-09-2017|本会の成果が産経新聞に取り上げられました.外来ナメクジの市民科学に関する研究成果です.

20-07-2017|本会の成果をまとめた学術論文の Press Release(日本語Engilish)が公開されました.外来ナメクジの市民科学に関する研究成果です.

14-06-2017|本会の成果をまとめた学術論文が BioInvasions Records に受理されました.外来のマダラコウラナメクジと市民科学に関する研究成果です.本会の中野隆文博士(広島大学/現・京都大学准教授)の活躍によって得られた成果です.

12-11-2016|美幌博物館(北海道美幌町)にて,市民向けの講演をしました.

11-11-2016|オホーツクミュージアム(北海道枝幸町)にて,市民向けの講演をしました.

06-11-2016|円山動物園(北海道札幌市)にて,市民向けの講演をしました.

06-10-2016|UHB(北海道文化放送)「みんなのテレビ」に出演し,外来ナメクジについて解説しました.

01-10-2016|円山公園(北海道札幌市)にて,市民向けの講演をしました.

08-02-2016|外来ナメクジに関する研究成果が,北海道新聞に掲載されました.想像以上に大きな記事でした.

22-01-2016|外来ナメクジに関する研究成果が,ちりぼたん(日本貝類学会誌)に掲載されました.

25-04-2015|西岡公園(北海道札幌市)にて,外来ナメクジと外来種問題がもたらす生物多様性への影響に関する市民向けの講演をしました.

20-03-2015|日本生態学会第62回大会(鹿児島県鹿児島市)にてポスター発表を行い,外来ナメクジに関する新たなプロジェクトの提案をしました.

11-03-2015|外来ナメクジに関する最初の研究成果が,ちりぼたん(日本貝類学会誌)に受理されました.本会の興野昌樹さん・渡辺早苗さんを著者に含む学術論文です.

28-07-2014|本会「外来ナメクジに挑む市民と学者の会」が結成されました.森井悠太(北海道大学・研究員)が,興野昌樹(学校法人総合技術学園・理事長)の運営するブログに外来のマダラコウラナメクジの言及があることを発見し,連絡を取ったことがきっかけです.

活動成果(科学雑誌・学術論文)

5. 興野昌樹,2020.北海道の外来なめくじの「多様性」. 北海道ネイチャーマガジン「モーリー」,55:28–31

4. 森井悠太,2018.ナメクジの出現を予測する!―市民科学と最新統計の融合.academist Journal, 13 Junガジェット通信ニュートピ!togetter など,多くのメディアに取り上げられました”

3. Morii Y*, Ohkubo Y* & Watanabe S, 2018. Activity of invasive slug Limax maximus in relation to climate conditions based on citizen’s observations and novel regularization based statistical approaches. Science of The Total Environment (STOTEN), 637–638: 1061–1068. doi:10.1016/j.scitotenv.2018.04.403“朝日新聞,読売新聞,産経新聞,日経バイオテク ONLINEHLF Science Blog など,国内外の多くのメディアに取り上げられました”

2. Morii Y* & Nakano T, 2017. Citizen science reveals the present range and a potential native predator of the invasive slug Limax maximus Linnæus, 1758 in Hokkaido, Japan. BioInvasions Records, 6: 181–186. doi:10.3391/bir.2017.6.3.01産経新聞Hazard LabYahoo News,Asia Research News など,国内外の多くのメディアに取り上げられました”

1. 森井悠太*・神武海・興野昌樹・並河智子・佐々木久美子・高江洲昇・渡辺早苗,2016.北海道に移入したマダラコウラナメクジ(有肺類:コウラナメクジ科)の分布状況.ちりぼたん,45: 256–261. “北海道新聞,北海道文化放送(UHB TV)など,多くのメディアに取り上げられました”

活動成果(観察会・講演会・他)

13. 森井悠太*.巨大外来ナメクジ vs. 市井の超人たち.よさこい生態学セミナー(ウェブセミナー),高知大学.2020年05月.

12. 森井悠太*・大久保祐作・渡辺早苗.巨大外来ナメクジ vs 市井の超人たち.日本生態学会第 67 回大会,名古屋.2020年03月.口頭(自由集会).“COVID-19 のため中止”

11. Morii Y*, Ohkubo Y & Watanabe S. Citizen science reveals the recent expansion and a potential native predator of the invasive slug Limax maximus in Hokkaido, Japan. Ecology Group, Massey University, Palmerston North, New Zealand. 09-2018, Oral in English.

10. 興野昌樹*.札幌の市街地近郊の外来ナメクジたち.第 1 回自然を語る会,札幌.2018年08月.

9. Morii Y* & Nakano T. Citizen science reveals the recent expansion and a potential native predator of the invasive slug Limax maximus in Hokkaido, Japan. The 65th Annual Meeting of ESJ, Sapporo, Japan. 03-2018. Oral in English. “Best Presentation Award

8. 大久保祐作*・森井悠太・渡辺早苗.野外生物の出現データを用いた正則化回帰の性能比較.日本動物行動学会第36回大会,東京.2017年08月.ポスター.

7. 森井悠太*.背中にマイホーム!カタツムリを知ろう(市民向け講演・自然観察).美幌博物館,美幌.2016年11月.

6. 森井悠太*.かたつむりとなめくじのふしぎ(市民向け講演).オホーツクミュージアム,枝幸.2016年11月.

5. 森井悠太*.講演・観察会.円山動物園,札幌.2016年11月.

4. 森井悠太*.いきものカフェ(円山いきものカフェ,市民向け講演).円山公園,札幌.2016年10月.

3. 森井悠太*.いきものわくわくビギナーズ〜カタツムリ編〜(市民向け観察会,講師).西岡公園,札幌,2016年07月.

2. 森井悠太*・北海道大学大学院環境科学院小泉研究室.危険!外来ナメクジの侵入!.いきものわくわくトーク(市民向け講演).西岡公園,札幌.2015年04月.

1. 森井悠太*・千葉聡.外来ナメクジの行方を追え!:動態追跡プロジェクトの提案.日本生態学会第62回大会,鹿児島.2015年03月.ポスター

メディア

14. HLC Science Blog「Citizen science: who is Sanae Watanabe?」,2018年10月19日.

13. ガジェット通信「ナメクジの出現を予測する!市民科学と最新統計の融合」,2018年08月12日.

12. Exite News「ナメクジの出現を予測する!市民科学と最新統計の融合」,2018年08月12日.

11. NewsPicks「ナメクジの出現を予測する!市民科学と最新統計の融合」,2018年08月11日.

10. ニュートピ!「ナメクジの出現を予測する!市民科学と最新統計の融合」,2018年08月10日.

9. 日経バイオテク ONLINE「北海道大,外来ナメクジの活動性と気象条件の関係をモデル化」,2018年07月04日.

8. AI BIBLIO「機械学習を応用してナメクジの発生を気象条件から予測する」,2018年07月01日.

7. 朝日新聞「有害ナメクジ出現,気象が左右」,2018年06月19日.

6. 読売新聞「外来ナメクジ駆除最適日は」,2018年06月17日.

5. 北海道大学大学院農学研究院森林生態系管理学研究室「ナメクジの出現を事前に予測!明日のナメクジ予報をリリース!」,2018年06月13日.

4. Yahoo! News「外来巨大ナメクジの出現を予測せよ」,2018年06月09日.

3. 国立環境研究所(環境展望台)「北海道大,外来ナメクジの活動性と気象条件の関係をモデル化」,2018年06月06日.

2. UHB(北海道文化放送・みんなのテレビ)「ナゼ?札幌で大発生中「ヒョウ柄なめくじ」が北の大地を食い荒らす!?緊急追跡!」,2016年10月06日.

1. 北海道新聞(夕刊)「外来ナメクジ道内じわり」,2016年02月08日.

20191110    日本自然保護大賞2019_入選_四角  Slug_News-02  Slug_News-04  Slug_News-05  Slug_News-07  Slug_News-10  Slug_News-09  Slug_News-08  Slug_News-01  Slug_News-06  Slug_News-03

会員情報・お問い合わせ

会員|興野昌樹(代表)・渡辺早苗(代表)・森井悠太(代表)・大久保祐作・中野隆文・神武海・神(濱本)真琴・金由貴子・明石信廣・植木玲一・渡辺恵・渡辺義昭・中林晃・山口貴司・八木欣平・中尾稔・脇司・長谷川理

興野昌樹・学校法人総合技術学園|kitasasakiri251@outlook.jp

渡辺早苗・札幌市西区|“secret-secret@secret”

森井悠太・北海道大学|yutamorii@gmail.com

Yuta Morii Website|https://yutamorii.wordpress.com